ポー記 (はてなダイアリーから引っ越してきた保存版)

園山恭平記として記録してきたブログを、ポー記に改名して残しています。

なんでんかんでん本店、閉店に・・・

びっくりしました…
環七の生ける伝説とんこつラーメン「なんでんかんでん」本店が2012年11月6日、閉店しました…。

大好きだったなんでんかんでん。
仕事帰りにバイクでとおり、3バカラーメンに替え玉ダブルで1300円。ガッツ系。

これがオレの豚骨ラーメンだぁ!!
みたいな感じだったのですが…

もちろん、川原ひろし社長も店舗におられました。

なんでんかんでん本店は、本場・博多のギトギトした濃厚なとんこつラーメンを出す店として1987年オープン。
敷地面積10坪のスペースに連日連夜、環七に車を止めて訪れるお客で賑わった。
7年目に一日1200杯、100万円以上の売り上げを記録した。

 株式会社「なんでんかんでん」社長の川原ひろし氏(51)は
「今考えると当時は異常だったね。『ラーメンがこんなに売り上げられるのかよ』と自分のほっぺたをつねったこともあった。それから“日本のラーメンをとんこつにした男”と言われるようになった」
と振り返る。

マネーの虎にも出演されていたMr.なんでんかんでんこと川原ひろし社長。
スゴイオーラだった。

だが…

都内でもラーメン店は激戦となり、
いくつものとんこつラーメン店もでき、消えた。

そして、とんこつラーメンブームは… 終わった。


でも、
ボクは今でもなんでんかんでんを愛している。
そして、とんこつラーメンを愛している。
今日も、とんこつラーメンを食べる。(かもしれない)

だから、「なんでんかんでん」のあの豚臭い道と味。
環七の店の前をバイクで走っただけで匂うあの豚臭さ。
あんなスゴイ豚臭さを店舗の周囲に放てるのは… 今まで「なんでんかんでん」しか見たことがない。

ボクも仕事が変わり、場所が変わり、いつしかなんでんかんでんに行く機会がなくなった。

だけど、
ボクの中にはいつだって、三バカラーメンがいた。(替え玉二つ)

あの、ギトギトの豚臭いとんこつラーメン。

忘れない…
忘れない……
忘れられるはずがない…

ネギバカ、のりバカ、たまごバカ…

忘れない。