ポー記 (はてなダイアリーから引っ越してきた保存版)

園山恭平記として記録してきたブログを、ポー記に改名して残しています。

乃木坂46紅白歌合戦2014落選の真相理由とさゆりんごの現実

池袋のビートたけし

今週のお題「年内にやっておきたいこと」〈2014年をふりかえる 1〉

早くも2014年11月も月末突入。
毎年いっていますがとにかく時間が早い。
(今、槇原敬之「どんなときも」聴いています)

2014年の園山恭平状況を振り返ってみると、けっこう色々なことをやったなという感じです。

そんな感じですかね。
けっこうごくごく普通の感じですね。

毎日の業務に追われていると、細かいことを考える時間無いまま進んでいき、
頭の中の記憶もドンドン更新されていくので覚えてなかったりもしますが、
やっぱり大切な記憶は少しでも残しておくべきだと思いました。

近年は僕としては移動の多い暮らしをしています。
関西とか北海道とかもちょいちょい業務的にいくし、それ以外の場所へもちょいちょい。

本来は練馬区に延々いるのが好きなんですが、そうもいかないもんですね。

そんな僕の2014年内にやっておきたいことは、
残された業務遅れている業務を全て片づけておくことです。

そりゃそうだ、って感じではありますが、それもまた個人的現実ですね。頑張ります。

そうそう、このはてなダイアリーはてなダイアリープラスが外れちゃいました。
まぁこれだけ長くやってくればサービス内容も変わりますね。そりゃそうですよね。
2006年からだから8年か。

時間ははやいな。

乃木坂46さゆりんご事件の影響と現実は?

年末の紅白歌合戦から乃木坂46が選考落ちして不出場になりました。
でもHKT48は出場。
NMB48も出場。

これはやはりさゆりんご事件週刊文春による松村沙友理スキャンダル)の影響もあるかもしれません。
それ以外でも数人のスキャンダルが週刊文春で特集されていました。
未成年飲酒とか交際情報とかですね。

やっぱりNHKは今でも国民的テレビ局だし、(受信料をとってるわけだし)
そこら辺にはかなりシビアに対応しているんだと思います。
DJ OZMANHKでれないそうだし)

アイドルもタレントも人気商売だし、自分の名前を売って商売してるわけなので、
普段の行いや状況が活動に反映してしまうのはしょうがない現実だと思います。

でもこれってタレントとかだけじゃなくて、
商品とかサービスを提供している会社が不祥事起こしても、その会社の商品の売り上げに反映するし、
会社の社長が不祥事おこしても、社員が不祥事おこしても、その会社の業績や信用に反映するわけです。

なので、
別に乃木坂46だけがそうじゃなくて、日常的なすべてのものに同じ状況なんだと思います。

路上キスが週刊文春にスクープされりゃ、アイドルだったらファンが悲しむのは当然だし、
人気下がるだろうし、テレビや広告主も使いづらくなるのは当然の結果。
紅白歌合戦の出場落選もそれが少なからず理由になっているのは察しがつきますね。
あとそれ以外のスクープもあったりで。

銀座のクラブでバイトしてたから日テレのアナウンサー内定を取り消された方が、
内定取り消しを求めて訴訟してる話もありますが、
雇用する側からしたらかなり微妙すぎる話なのは当然なこと。

それぞれの立場や現実的な状況を考えてやっていくしかないですね。

とまぁ、
そんなことを思いながら僕自身も引き続き頑張ります。

自分の名前を大々的に出して業務をやっているので、
明日は我が身だし僕も様々な事柄があって今に至ります。

すでにアラフォーミドルエイジ
地道に頑張ります。


(今日の一枚は池袋駅前のビートたけしモデル看板。自分の名前で商売する究極例)